本間整体院のブログ

ブログ

イチロー選手引退

健康
2019年03月28日

イチロー選手引退、イチロー選手の変化

春は変化の季節でもありますよね。

それぞれの人がそれぞれの立場で変化を経験します。

この世の中で変わらないものはないのかもしれません、そして何事にも、いつしか終わりが来ます。

そんなことを感じさてくれたのが、先日のイチロー選手の引退でした。正確にはもう「イチロー選手」と書くのは正しくないのかもしれませんが、私の心の中では、永遠にイチロー選手なので、ここでもイチロー選手と書かせていいただきます。

この日がいつかは来るのは分かっていても、やはり信じられないような感じがしました。

特にイチロー選手の場合は、確かに頭には白いものが目立っていたかもしれませんが、体系的な変化や、足が極端に遅くなって動きが緩慢に見えるようになったりといったことがなかったために、余計に信じられない、信じたくないような気もしています。

しかし、あのイチロー選手にも変化の時が来ました。

もちろん、イチロー選手と並べるのがふさわしいかどうか分かりませんが、私達一般人にも変化はきます。
今日は、そんな私達にやってくる「変化」について見ていきたいと思います。

〇イチロー選手に訪れた変化について

イチロー選手のような歴史に名を刻む選手について、推測も交えて語るのはおこがましいとは思いますが、想像してみたいと思います。

●フィジカルな面での変化について

イチロー選手は超がいくつもつくぐらいのトップアスリートですから、フィジカルな面での変化とういのは、結果を出し続けるためには、1番高いハードルとなっただろうと思います。

昔に比べれば、トレーニングやケア方法についての進化もあり、衰える速度というのは間違いなく遅くなっていますが、それでも衰えはやってきます。

筋力等の表面的なものよりも、動体視力や反射神経やといったものの衰えが大きかったのではないでしょうか。
そして、疲労回復までの時間なども間違いなくかかるようになっているでしょうから、トレーニングの量や質にも影響せざるを得なかったのではないでしょうか。

●メンタルな面での変化について

イチロー選手は、「偉大な記録を達成するには、結局、小さなことを積み重ねていくしかない。」と言った意味のことをおっしゃってました。

小さな結果を積み重ねていくというのもそうでしょうが、小さな努力を積み重ねるということもそうだと思います。

しかし、イチロー選手がイチロー選手であり続けるという想像もできないようなプレッシャーとともに、継続的な努力を可能にするメンタル面への疲労の蓄積も相当のものだと思います。

人はやはり、上り坂ではモチベーションを保つことは容易いですが、下り坂でモチベーションを保つのは大変なことだと思います。

●イチロー選手を取り巻く環境の変化について

45歳のイチロー選手が、MLBに挑戦してからも、MLBの野球自体も変わってきているように思われます。

バッターにしても、ピッチャーにしても所謂「パワー系」のプレーヤーが多くなりました、それも昔と違ってパワーとスピードを兼ね備えたプレーヤーがです。

そんな中で、やはり体格に劣るイチロー選手を支えてきたものは、そのスピードとテクニックでしたが、それは限界付近の高い次元で能力を発揮できた場合でのみ結果を残せるものだったのでしょう。

〇私達にも訪れる変化について

一般人の私達にも変化は訪れます。そんな変化について。

●フィジカルな面での変化について

加齢に伴う変化は当然、訪れます。勿論、イチロー選手のように高いパフォーマンスが要求されるわけではないですが、やはり運動能力や疲労回復能力等は低下していきます。
その変化は、日々の生活の中で気づかないうちにですが、私達の身体に訪れています。

●メンタルな面での変化について

「体力の衰えは気力の衰え。」といも言われますが、フィジカルな面での衰えが、メンタルな面に与える影響も大きなものがあります。

「何だか、やる気が出ない。」だとか投げやりに成りがちな、集中力の続かない時が増えるのも当然かもしれません。

●環境面の変化について

私達を取り巻く環境も変わってきます。メンタルな面への変化にも繋がってきますが、定年や子育てが終わった主婦の方などは勿論、安堵感のようなものもあるかもしれませんが、一方では喪失感のようなものを味わう方も多いようです。

それ以外にも学校や会社・仕事面での環境等の変化もメンタル面へ、そしてやがてはフィジカルな面への影響に繋がることも多いようです。

〇変化に対応していくために 

変化というものが必ず訪れるものとするならば、それを認めないのではなく、認め、受け入れた上で、自分なりに対応を検討していくことが必要なんではないでしょうか。

例えば、イチロー選手のように周りとの闘いの中で、結果を出し続けなければいけないのなら、自分だけで完結できないとは思いますが、それでも、練習内容等は変化を受け入れて対応された部分もあったかもしれませんし、一方ではそれに抗おうとする部分があったのだと思います。

私達、一般人でも、もちろん抗う部分としてのトレーニング等も必要かもしれませんが、同時に、休息と同時にケアをしてあげることも必要だと思います。

イチロー選手の引退を目のあたりにして、あらためて人間が避けては通れない変化というものについて見てきました。

変化に対応できたもののみが生き残れるともいいますが、対応するには、受け入れることが、まずスタートとなるような気がします。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院

桜の季節

未分類
2019年03月21日

桜の季節はご用心

日本人にとって、一番なじみの花と言えば、桜ではないでしょうか。

ちょうど、卒業や入学、就職や退職といった節目のイベントが重なっていることもあり、ただ単に咲く花の美しさだけでなく、色々な記憶を呼び起こしてくれるものとなっています。

また、パッと咲いて、潔く散っていく姿は日本人の美徳に合ったものとなっています。では、そんな桜について見ていきましょう。

桜と一口に言っても、沢山の種類があります。

国内だけでも、600以上が確認されているのです。一番身近な染井吉野(ソメイヨシノ)をはじめ、馴染みの深いものとしては、八重桜、江戸彼岸、枝垂桜、緋寒桜、寒桜、深山桜、山桜といったものがありますよね。

多くは3月下旬から5月上旬にかけて咲き、桜前線の北上という言葉の通り、南から順に北へ向けて咲いていきます。

しかし、私達が春に興じる桜と言えば、ソメイヨシノですよね。公園などで、桜の樹のの下での宴といえば、ソメイヨシノです。

日本では、最も多く見られる桜です、実はこのソメイヨシノ、昔からあった固有の品種ではないのです。江戸時代末期に交配によって産まれたものとされています。
そして、そのソメイヨシノは接ぎ木などで、日本中へ広まっていくこととなります。ですから、いまある沢山のソメイヨシノは1本の木から生まれたクーロンとも言えるのです。ですから、一斉に同じように咲いて、散っていくのかもしれませんね。

花見で代表される人物は、やはり豊臣秀吉ではないでしょうか。

豊臣秀吉は、歴史上、最も人気のある人物とも言えますが、こよなく桜を愛したような、その気質が桜ともに、私達日本人に愛されているのかもしれませんね。

吉野山まで花見にいったのは有名ですし、世界遺産にもなっている醍醐寺での花見は有名ですよね。広大な敷地に、各地から集められて植えられた桜の下で繰り広げられた宴では、1300人以上が興じたとされ、秀吉が見た最後の栄華だったのかもしれません。

なんだか身も心も浮かれだしてしまいそうな、桜の季節・早春ですが、この季節は実は身体にとっては、とっても負担の大きな時期でもあるのです。

三寒四温と呼ばれる不安定な気候のさなかにありますし、1日の中でも寒暖差の激しい時期でもあります。

そんな、時は自律神経も乱れからくる不調が心身を襲う時期でもあります。身体を冷やさないようにして、整体などで自理神経を整えてあげましょう。

桜について見てきましたが、ソメイヨシノの花言葉は、「純潔」「優れた美人」となっています。今や、その優雅な姿目当てに外国からも多くの人が訪れるようになりました。

花より団子ともいいますが、やっぱり花はいいですよね。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院

腕の痛みしびれ

患者さん
2019年03月14日

施術を受けられた患者さまから声を頂きました。

 ↓

以前から慢性的な肩こりや首の痛みを感じていながらも特に病院には行かず市販の塗り薬や湿布を貼って凌いでいました。

しかし、夏に入り冷房の部屋で生活をするようになってから、肩甲骨の下に激痛が走り、それが数日続きました。

仕事をしている時も食事をしている時も寝ている時もずっと痛みを感じていて、ただただ辛い毎日でした。

その後、肩甲骨の痛みが少し和らいだと思ったら右腕に痛みを感じ、痺れも伴うようになりました。PC作業でのキーボード操作はもちろん、マウスでクリックするのも辛く、痛みを感じる箇所を手で押したり押さえたりしながら仕事をしていました。
何も動かしていない時でも痛みを感じ、夜も寝れない状態が続いたので、もう我慢の限界を感じ来院させて頂きました。

最初の施術の際に、肩や首だけでなく、腰や足首、全身の関節が硬いこと、身体のゆがみが様々な痛みを生んでいることを伺って、全身のバランスが大切なんだということを知りました。

若い時とは違い、段々と身体も硬くなっていますが、教えて頂いたストレッチも行うことで夏以降に感じていた痛みや痺れは一斉ありません。

以前よりも首や腰の可動範囲も広がった気がします。

あの時の痛みは何だったんだろうと思うほど回復して今は毎日が快適です。ありがとうございました。

約4カ月間通わせて頂いて、教えて頂いたこと、アドバイス頂いたことを意識して今後も生活していきたいと思います。

これまで大きなケガもなく、大好きなスポーツも続けてこられましたが、今後は自分の体力を過信することなく、労わりながら心身ともに元気でいられるよう努めていきたいと思います。

今回の施術で自分の身体と向き合う、自分の身体を知るきっかけを頂きました。本当にありがとうございました。

次ページへ »« 前ページへ