本間整骨院のブログ

ブログ

腰痛

健康
2018年08月18日

腰痛の種類

 

病院に行っても腰痛の根本原因は未だ8割は不明と言われます。

 

そんな原因不明の腰痛でも、整形外科に行けば病名が付けられます。種類は豊富(?)です。

 

例えば、腰痛で代表選手並みの「腰椎捻挫」

これは急に重たい物を持ったり、急激な動作、クシャミをしたりと、咄嗟のきっかけで起こる。いわゆる『急性腰痛』『ぎっくり腰』と呼ばれるものです。

 

年齢に関係なく、若年層でも起こりうる腰痛です。

 

次に、よく耳にする「椎間板ヘルニア」

加重や長時間の悪姿勢など原因は様々ですが、書いて字のごとく、椎間板内の中身が飛び出して神経を圧迫することもあるもの。

 

「腰椎分離、すべり症」

こちらは先天性と後天性があります。

幼少期の激しい運動が原因で、成人後に腰痛が引き起こされるという場合が多くあり、鈍く重い腰痛が特徴とされています。

 

「筋性腰痛症」

腰痛を訴えられる中で一番多いとされる腰痛です。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢で過ごすことにより、腰背筋に負担がかかって引き起こされるといわれています。

 

「脊柱管狭窄症」

脊髄のつまっている脊柱管が狭くなってしまうもの。長く歩けなくなり休むとまた歩けるようになる、足のしびれなどの症状が特徴。

 

「変形性腰椎症」

加齢により腰椎に変形が見られたもの。

 

代表的な腰痛ですが、ざっとみったところです。整形での診断名(便宜的)ですから、これに惑わされないようにして下さい。

他にもストレス性のもの、内臓の疾病からくる腰痛など、多種多様です。

 

 

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・鎌倉の腰痛専門整体 本間整骨院

太鼓の音

患者さん
2018年08月17日

諏訪神社のお祭りにむけての太鼓の練習の音が聞こえてきました。
毎年のこの時期の音です。

 

本日ご来院の患者さん。主訴は右膝痛、右大腿部痛です。腰も少し重たいとのことです。

整形にも行っており、変形性股関節症、変形性膝関節症と言われています。薬が出ており、痛みが強くなったと伝えたら薬が変わったそうで、ずっと薬のお世話になるのは嫌だったので今回、何とかしようと思い来院されました。

お身体を診させて頂くと、股関節、膝関節共に若干、曲がりずらくなっています。大腿部前面、臀部の筋肉が硬くなっています。電車などで立っていると痛みが出てくるそうです。

関節がずれてしまう原因はスポーツなどの激しい運動、長時間の同じ姿勢、繰り返しの作業があります。
この方は、長く立ち仕事を行っており、その時に痛みのもとを作ってしまった模様です。

痛みを感じてから随分時間が経っていて、いわゆる慢性化の状態です。
痛みが出ると行動範囲が狭くなります。それがストレスになってきます。精神的に孤立感を感じる方もいます。さらに治らないと慢性化の連鎖に入ってしまいます。

施術後は足の運びが良くなっていました。姿勢が良くなった感じがするとおっしゃっていました。

 

 

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・鎌倉の腰痛専門整体 本間整骨院

変形で

健康
2018年08月15日

本日お越しになられた方は腰、右膝、ふくらはぎの痛みでお越しになられました。

長年、立ち仕事をされていて、物を持つ、運ぶ動作もありその時に痛みが出るそうです。
以前、整形に行かれた時は腰も膝も変形しているからといわれたそうです。

今更ですが、変形したから痛いというわけではありません。そうしたら、変形した方はみなさん痛くなくてはおかしくなります。変形が強くても痛みのない方、変形が少なくても痛みが強い方がいます。これは変形が原因ではないことをあらわします。また、痛みは無くなったり、再発したりしますが、その都度、骨が変化しているわけではありません。

また、筋力が少ないから痛みが出ているわけでもありません。たしかに筋肉はあったほうが良いことは沢山あります。ダイエット、骨密度を上げる、心肺機能を高める、血糖値をコントロールする、バランス感覚を良くするなどがあります。そして、腰痛の予防になります。あくまでも予防で治すわけではありません。スポーツ選手で体を鍛えているけれども、あちこち痛い方はいらっしゃいます。

 

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・鎌倉の腰痛専門整体 本間整骨院

 

次ページへ »