ドライアイについて

ドライアイについて

パソコンやスマホの画面を見る時間が長くなったり、あるいはエアコンの普及などによる環境の変化の結果、多くの方が目の不調を訴えておられるようです。

その1つがドライアイと呼ばれるものです。今回は、そんなドライアイについて見ていきたいと思います。

○ドライアイとは?

ドライアイとは、その名の通り目が乾くような状態のことを言います。

具体的には、目の表面の潤いが失われていき、乾いたような感覚を覚えることです。

「なんだか光が眩しい。」「ぼやけて見える。」「ゴロゴロする。」「痛い、まぶたが痙攣する。」といった症状を訴える方もいらっしゃいます。

この目の表面の潤いの正体は何かと言うと、それは涙なんです。

涙の分泌量が少なくなり失われる量が多くなる、あるいは涙の質が変化することで、目の表面が乾燥状態になることがドライアイなのです。

では、この涙、目の表面の潤いにはどのような役割があるかと言うと、実は、私達の目を守ってくれているのです。

具体的には、
・酸素や栄養分を角膜に届ける。
・眼に入った異物が洗い流す。
・殺菌作用
といったものをあげることができます。

○ドライアイの原因は?ドライアイを放っておくと?

では、このドライアイ、どのようなことが原因となって起きるのでしょうか?

次のようなことをあげることができます。
・ディスプレイを凝視することによる、まばたきの回数の減少。
・エアコンの普及による部屋の乾燥。
・コンタクトレンズの使用。
・ストレスの増加。
・睡眠時間の減少。

あとは、加齢などによる涙の減少などもドライアイの原因とされています。

そして、このドライアイですが、放置しておくと、不快感を覚えるだけでなく、目の表面に傷などができやすくなり、眼病に繋がる恐れもあります。

また、目の疲れが身体のストレスにつながり、不調につながる恐れがあります。

○ドライアイへの対処方法は?

多くの方が悩まれているドライアイですが、どのような対処方法があるのでしょうか?

次のようなことが有効だとされています。
・点眼薬の使用
・意識的にまばたきの回数を多くしたり、時間を長くとる。
・スマホやパソコンの画面から目を離し、目を休める。
・蒸しタオルなどで目の緊張を和らげ、血行を良くする。

ドライアイについて見て来ました。

目の疲れは、肩こり首コリや全身のストレスに繋がります。対策をしていきたいものです。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・鎌倉の腰痛専門整体 本間整体院