頭痛

頭痛

頭痛に悩まされている方は多いと思います。

「頭痛持ち」という言葉があるぐらいですから、いかに頭痛が身近なものか、わかると思います。
しかし、この頭痛、ほっておけば怖いことにもなりかねないものです。頭が痛いと辛い時間を過ごすことになります。

特に、私達の普段の生活にも密着した頭痛、慢性頭痛について見ていきたいと思います。
慢性頭痛には、「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つがあり、それぞれの特徴や、原因は次のようになっています。

○片頭痛

・症状
片頭痛はズキン、ズキンと脈打つように痛みます。持続時間が4〜72時間となることが多く。吐き気、嘔吐を伴うこともあります。光や音が耐えられなくなることもあります。

・原因
血管の拡張により神経が引っ張られることが原因となります。その原因としては、アルコールの摂取や女性の場合ならば月経といったものもありますが、「睡眠不足等生活リズムの乱れ」、「緊張とそれからの解放」「休日などの過度のリラックス」といったことが関係しているとも言われ、その結果による自立神経の乱れが片頭痛に繋がっているとも言われています。

○緊張型頭痛

・症状
頭や首、肩、背中の筋肉が緊張し起こる頭痛です。後頭部から首にかけて起こります。頭を締め付けられているような感じになります。目の痛みを伴うこともあります。

・原因
例えば、「姿勢の悪さ」「骨格のゆがみ」「首や肩のコリ」「ストレス」「目の酷使」「噛み合わせの悪さ」といったことが原因となる筋肉の緊張が頭痛を引き起こすと言われています。

○群発頭痛

・症状
群発頭痛は目の奥がえぐられるような耐え難い、強烈な痛みを引き起こすものです。一定期間に毎日のように同じ時間帯におこったりします。

・原因
原因は特定されていませんが、自律神経の乱れ、血管の拡張に伴うものだと言われています。

慢性頭痛について見てきました。このような頭痛に悩まされていても、我慢されている方も多いと思います。
必要に応じて、休息や服薬が有効な場合もありますが、心身ともにストレスを取り除いてあげて、緊張状態から解放させることが大切です。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院