水は命の源

暑くなると熱中症で体調を崩す方や、場合によっては亡くなってしまわれる方がいらっしゃいます。

そして、このような話を聞いたりするたびに改めて実感するのが水分補給の大切さです。
では、実際にこの水というのは、私達の身体に関してどのような存在なのでしょうか。

人間の身体は水で出来ている?

地球は水の星だとも言われますが、同じように私達の身体も水で出来ているといってもいいようです。

人間の身体は、成人の場合で体重の60~65%ぐらいが水で出来ていると言われています。ちなみに、子供の場合は約70%、高齢者で50~55%ぐらいの割合になるようです。

このように、年代による違いはあっても、私達の身体は驚くほど沢山の水を蓄えているのです。

○体内の中での水の役割は?必要な水の量は?
 
では、この大量の水はどのような役割を果たしているのでしょか?

水の主な役割は次のようなものになります。

 ・私達の身体にとって不可欠な酸素や栄養素を身体の隅々まで運搬し、そして不要となった老廃物を回収する。

 ・皮膚の表面から蒸発することで、体温を下げ、体温調整を行う。

このような大切な役割を果たす水ですが、通常、私達の身体は、どれぐらいの水を必要
としているのでしょうか。

基本的には、食事から1リットル、飲み水から1.2リットル、そして体内で0.3リットルの水を補っていると言われています。

○体内で水が不足すると?

人間の体内には沢山の水があって、それが命を支えているということを見ていただきましたが、水分補給が滞るとどのような状態になるのでしょうか。

極端になりますが、水が1滴も飲めなくなると、だいたい2~3日で生命維持は困難となってしまいます。

また、身体から1%の水分が失われると、のどの渇きを感じるようになり、2%の損失ではめまいや吐き気、食欲減退といった体調不良の傾向が現れます。

そして10~12%まで損失が進むと筋けいれんや失神を起こすようになり、さらに、損失が20%まで進むと危機的な状況になり、ついに死に至ることになります。

ちなみに1時間ほどの運動で、1リットルほどの水分が失われるようですよ。

人間の身体にとって無くてはならない水。

喉に渇きを感じてからでは、遅いといことを、しっかりと覚えておかなければいけないようです。

暑い季節がきます。しっかりと水分補給をして身体を潤して下さい。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・鎌倉の腰痛専門整体 本間整体院