筋肉維持

筋肉を維持することの重要性

筋肉は身体を動かすうえで、大切なものです。
歩いたり走ったり物を持ったり、何かをしようとするときは筋肉を動かします。
動かないで立ったままの姿勢、座ったままの姿勢を維持するのにも筋肉は必要です。
この筋肉は、私達の健康とも強く結びついています。筋肉を維持することは大切です。

○筋肉量の変化について

人が生まれた時には、立って歩くことはもちろん、自分では何もすることはできません。
徐々に色々なことができるようになっていくのですが、それにつれて筋肉量は増えていき
ます。
そして、20歳前後を境にして、筋肉量は減少に転じます。だいたい70歳を過ぎれば
4割程度にまで減少するといわれています。その後も筋肉量は減少していきます。

○筋肉量が減っていくと?

筋肉量が減っていくとどのようなことになるでしょうか。
まず運動能力が低下します。それが、転倒を招くことにもなります。寝たきりとかに繋が
るケースも多くなってきます。

また、基礎代謝や免疫力の低下、血糖値の上昇にも繋がり、その結果、肥満、高血圧や糖
尿病といった成人病、そして、肺炎といった感染症にもかかりやすくなるとも言われてい
ます。

高齢の方で筋肉量が多い人と少ない人を歩く速さで較べてみると、やは
り歩くのが速く筋肉量の多い方の方が長寿という結果が出ているようです。

○筋肉量を維持するためには?

筋肉量を維持するためにはどのようなことに気をつける必要があるのでしょうか?
1つは食事、そしてもう1つは運動です。

まず、食事についてですが、筋肉の元となるたんぱく質を摂取することが大切です。食事を補うためには、プロテインなども有効かもしれません。

そして、運動についてですが、特に下半身を意識して運動を行うことが有効です。身体の中でも、筋肉量が多いのは下半身です。健康のために筋肉量を維持したいならば、下半身の運動をメインにするといいと思います。

また、足は第二の心臓ともいわれるぐらいですから、下半身の筋肉を維持することは様々なメリットがあります。

必要以上の筋肉はいりませんが、健康で長生きするためには、やはり筋肉量の維持に努めてください。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院