歯科検診

歯科検診の重要性

身体の健康には気をつけていると思いますが、歯の検診には行かれていますか?

痛み出したりすれば治療をされると思いますが、そうでなくても、普段から歯のことをもっと気にかけてもいいような気がします。

○歯や歯茎にまつわる病気とは?

歯の病気と言うと、虫歯がまず頭に思い浮かびます。虫歯は進行すると痛いのはもちろんですが、進行すると抜歯をしなければいけなくなります。

また、虫歯とは違いますが、歯周病も健康を考える上では、大切なものです。歯周病は、簡単に言うと歯肉等が細菌に侵されることによって生じる慢性疾患のことを言います。歯茎が不健康な状態といってもいのかもしれません。

○歯や歯茎が健康でないと?

歯や歯茎の病気は痛みを伴うものですが、ただ単にその痛みが治まればいいというわけではありません。
実は、歯や歯茎は、全身の健康状態にも強くかかわりあっているものです。

健康的に食事がとれなくなるということがあげられます。例えば、食べる量が少なくなったり、固いものが食べられなくなったりすることが考えられます。その結果、栄養状態が悪くなることも考えられます。

また、実は歯周病は、様々な病気に結びつくともいわれています。進行すると歯が抜け落ちるだけではありません。歯周病には、その元となる原因菌が存在します。メタボリックシンドロームや様々な病気に結びつくとも言われています。例えば、心筋梗塞や糖尿病、動脈硬化、リウマチといったものとの関係が指摘されています。また、誤謬性肺炎の原因にもなると言われています。
 
○歯科検診とは?

では、歯や歯茎といった口の中の病気を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。

歯磨きといった普段からのお手入れが大切なことは言うまでもありませんが、歯科検診が大切です。歯科検診では、虫歯の有無だけでなく、歯茎の状態もチェックしてもらえます。
そして、歯の周囲のお手入れをしてもらうこともできます。自分では行き届かない所を綺麗にしてもらえる外にも、歯垢や歯石を除去することで、口の中の健康を維持することができます。

健康で長生きするには、口の中の健康も大切です。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院