サーフィン

東京2020オリンピック・パラリンピックから初めて採用されたサーフィンのルールはご存じですか?

世界的な新型コロナウイルス騒動の中で、2020年に予定されていた東京オリンピック・パラリンピックは延期が決定しましたが、今回初めてオリンピック競技として採用されたサーフィン。

湘南でも、多くの方が、波に乗っています。しかし、競技となると、いったいどのようなルールで勝ち負け、順位が決定されるのか、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。

・サーフィンの種類、一般的なルール、マナーって?

サーフィンには、使用するボードには色々な種類があります。サイズによって次の3つに分けられます。
 ・ショートボード
 ・ファンボード
 ・ロングボード

ショートボードと言っても、その長さは160センチから190センチぐらいあり、最も長いロングボードで、約270センチ以上にもなります。ファンボードというのは、ちょうど中間にあたるものです。

そして、サーフィンのルール、マナーの中でも、最も大切なことは、「1つの波に1人のサーファー」「他人の波を横取りしない。」といったものがあります。これは、競技においても同じことです。

・サーフィンの競技ルール、採点方法は?
 
競技となるとどのようなルール、採点方法で、勝ち負けや順位をつけるのでしょうか。
スピードや高さといった数字で競われるものではありません。そういった要素も含めて、審判員が総合的に判定して採点を行う、採点競技なのです。

採点競技と言えば冬のオリンピックのフィギュアスケートがあります。夏ならば、シンクロナイズドスイミングや飛込競技があります。

サーフィンでは、具体的には次のようなことが採点ポイントになるようです。
・技の難易度
・技の種類や組み合わせ、独創性
・全体的な流れやスピード、パワー
・波の難易度

この中で、波の難易度というのは、難しい波で技を成功すれば、高い得点を取ることができます。
一定の時間の中で、これらのポイントに基づいて何人かのジャッジが採点を行います。

・東京オリンピックでのサーフィンは?

サーフィンは、今回初めてオリンピック競技として採用されたのですが、どのようにして行われるのでしょうか?
使われるボードはショートボードになります。

予選ラウンドでは、4メン・ヒートと言って一度に、だいたい4人の選手で競技を行い、上位2人が勝ち残っていくというシステムになっています。

決勝では、2人の選手で競技が行われていくようです。
制限時間は30分程度になるようで、各選手は25本まで波に乗ることができ、点数の高い2本の合計点が、その選手の得点ということになります。
採点は5人のジャッジによって行われることになります。

会場は、千葉県の釣ヶ崎海岸サーフィンビーチが予定されています。
サーフィンのルーツでもあるアメリカ、多くの素晴らしい選手を輩出しているオーストラリア、それにサッカーに次ぐサーフィン人気を誇るブラジルが有力国となるようです。

今回は延期になりましたが、来年は競技を観戦したいですね。

今はコロナウイルス感染が収まるようみんなの協力、自粛が大切です。
そして、ひとりひとりの健康管理が大切ですね。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院