空の色は何色?

詞の世界などでも、よく使われる表現に「空色」というものがあります。

この空色と言えば、どのような色を思い浮かべられますか?

多くの方にとっては、水色や青系統の色ではないでしょうか、それも明るいイメージをお持ちで、空色イコール希望、爽やかみたいな感じかもしれません。

空色はJISの色彩規格では「明るい青」と規定されているようです。

また、冬や曇に覆われた空の場合は、グレー系統に感じますし、陽が沈んで夜になれば、漆黒の闇が訪れます。

しかし、実際には空には色はなくて、いくつかの要因が合わさって、私達の目に色として認識されるわけです。

○空の色は何の色?

空の色は何によって決まるのでしょうか。

私達が色を認識するのには光が必要となります。何かに当たって跳ね返ってきた光を目が感じて、それを色として認識するわけです。

空というのは、空気ですから、それ自体が色を持っているものではないのですが、どうして、色を感じるかというと、簡単に言うと、それは太陽の光を色として感じるのです。虹に代表されるように太陽の光は7つに分けられる可視光線を全て含んでいます。

その光が空気の中を通ってくる段階で、酸素や窒素、水蒸気といったものや他の微粒子とぶつかりながら進んできます。その段階で、太陽の光はそれぞれの色の持つ性質によって、散乱していきます。

その度合いによって地上の私達がその日、その時の空の色を感じるわけです。

○空の色にはどんな色がある?

空の色には、どのようなものがあるのでしょうか。

「青い空」というように空の色を代表するものは、青ですよね。そして、同じような青系統の色の表現でも、実は次のようなものがあります。

「紺碧(こんぺき)」「天色(あまいろ)」そして「空色(そらいろ)」です。

それぞれ微妙なニュアンスの違いがあります。
紺碧:真夏の強い日ざしの中で出現する、濃い青色の空の色。

天色:最もオーソドックスな空の色で、よく晴れた日の澄んだ空の色。

空色:同じ青空でも、少し色の薄い淡い青。

また、朝や夕方の空を表す色としては、次のようなものがあります。

曙色(あけぼのいろ):太陽が顔を出し始めたころの、空の色で黄色味を帯びた赤い色。

紅掛空色(べにかけそらいろ):かすかに紅がかった淡い空の色。

瞑色(めいしょく):夕暮れ時、ほのかに周りが暗くなってきたころの、空の色。

○空の色を決めるものは?どうして赤やオレンジになるの?

どうして空の色は、時間によって、このように変化をしていくのでしょうか。

それは、太陽の位置によって、地上にいる私達と太陽との距離が変わってくるからなのです。

簡単にわかりやすく説明いたしますと。
最も、空らしい空の色、青系統は、太陽が持つ7色の光の中でも、最も散乱しやすり色なのです。光、色が散乱するというのはどういうことかというと、空気中の酸素や窒素、水蒸気などいろいろなものにぶつかるなかで、散らばってしまうのです。

逆に赤系統の色は、青に較べると散乱しにくいのです。
太陽と地上の私達の距離は、実は昼が一番短く、朝夕は長くなるのです。その結果、朝夕は太陽の光が長い距離を通ってくるため青系統の光は散乱しきってしまい、あまり見えなくなります。そして比較的散乱されない赤系統の光が私達の目に届くことになるのです。

昼間はその逆で、太陽との距離が短いため、青系統の光が散乱される度合いが少ないため、青が強く見えるわけです。

例えば、飛行機に乗られた際、空の色が凄く青く見える印象をお持ちの方は多いと思います。これも先ほどお話したとおり、太陽との距離に関係で生じるもので、太陽に近いため、青が散乱する度合いが地上にいるよりも少なくなるから起きる現象です。

空の色について見て来ました。

お仕事や勉強等で、疲れたときには、深呼吸をして空を見上げてみるのもいいですよね。

見上げて、大きく空気を吸い込み、気分がリフレッシュされると思います。

心をリフレッシュしたら、次は身体もリフレッシュさせてあげましょう。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院