色と性格

色別性格診断

好きな色でその人の性格や特徴が違います。

勿論、その色の持つイメージから来るものですが、ちょっと当てはめてみてください。
今度は3原色である、赤、緑、青や印象的な黄色に加えて、両極端の白と黒について見ていきます。

・赤
エネルギーや生命力を示す赤です。

やはり赤が好きな方は情熱的な方が多く、行動力に溢れていて積極的な方が多いようです。

自分でも持て余すぐらいの溢れんばかりの感情を持っているため、時には周りと軋轢が生じたりもしますが、それでも突き進みたいタイプと言えます。
 
・緑

中間に位置する緑は調和の象徴でもありますが、緑が好きな方はバランス感覚に富んでいると同時に、周りの人に森や樹木が与える安らぎを与えることができる存在でもあります。

反面、周りとの調和を意識しすぎる余りに、疲れてしまうこともあります。
 
・青

海や空を表す青は、その奥行きの深さから冷静で知的なイメージの方多いようです。

時に物事の奥底まで見通そうとする面も備えています。

このようなことから、自分の内面にストレスを抱え込んでしまうこともあるようですが、静かな海の底のように周りからは分からないようです。
 
・黄色

光の象徴である黄色が好きな人は、周りに光を与える、明るくする、楽しませることができる、好きな方と言えます。

そして、基本的にはポジティブな人と言えますが、同時に光があるところには影があるように明るいだけでない一面を秘めている方とも言え、好調な時と不調な時の落差がある場合があります。
 
・白

ウェディングドレスに用いられる白はやはり、どんな色にも染まると同時にどんな色にも染まっていない色とも言えます。

ナニモノにも染まっていない純粋さや無垢を好む方と言えるでしょう。
 
・黒

白とは逆に黒はナニモノにも染まらない色です。

そこで、強さや力を象徴すると言えます。そのため黒が好き、黒を選ぶ人は、強さを備えた方やそれを求める方が多いと言っていいでしょう。

「色」による性格診断について見てみました。

身につけるものやインテリアなどの周りの色を変えるだけで気分が変わったりもします。

そして頑張りすぎているかた、疲れているかたは、リラックスできる暖かみがある色を意識してみるといいかもしれません。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・鎌倉の腰痛専門整体 本間整体院