箱根駅伝

箱根駅伝魅力

お正月の過ごし方には色々あると思いますが、炬燵に入って箱根駅伝を見る、というお正月の過ごし方もありますね。

普段は、別に駅伝やマラソン、陸上競技に興味がない人でも見てしまうかもしれません。

そんな魅力が箱根駅伝にはありますよね。

箱根駅伝とは?

通称箱根駅伝は、正式名称を「東京箱根間往復大学駅伝競走」と言います。

1920年に始まりました。

往路が1月2日、復路が1月3日に行われます。

関東学生陸上競技連盟が主催する地方競技という位置づけになり、読売新聞社が共催しています。

東京大手町の読売新聞東京本社ビル前をスタートし、神奈川県箱根町の芦ノ湖までの、往路107.5キロ、復路109.6キロの合計217.1 kmキロのタイムを競うものです。

往路・復路5区の合計10区に分かれています。

箱根駅伝を見入ってしまうのは?

箱根駅伝は何故、人を惹きつけるのでしょうか。

高校野球の甲子園などと違い、箱根駅伝は大学駅伝の中でも地方競技です。
郷里の代表同士が日本一を争うというものではないのです。

そんな箱根駅伝が人を惹きつけるのは、真冬の箱根を駆け抜けるという過酷さと、タスキ繋げなかった時の若者のドラマによるものかもしれません。

箱根駅伝と言えば「山の神」!

箱根駅伝と言えば「山の神」です。

箱根の山に祀られている神様のことではなく、高低差が激しく最も過酷だと言われる5区を走るランナーのうち、特に素晴らしいパフォーマンスを見せ印象に残った選手のことを指します。

現在、山の神と称される選手は3人います。

初代が順天堂大学の今井正人選手(2005年~2007年)で、実況アナウンサーが彼の走りを「山の神が降臨した。」と評したことが「山の神誕生秘話」に当たります。

二代目が東洋大学の柏原竜二選手(2009年~ 2012年)、そして三代目が記憶に新しい青山学院大学の神野大地選手(015年 – 2016年)です。

今年も山の神は降臨するのでしょうか?

箱根駅伝は、走る距離に加え高低差や気温、そして周囲の期待や声援、そしてこの日までに積み重ねてきた努力、選手にとっては心身ともに大変なストレスのかかるものです。

普段からのトレーニング、身体のケアが大切になってきます。

見ている方も、走らないとしても普段から疲れをためないように身体のケアが大切ですね。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・鎌倉の腰痛専門整体 本間整体院