ラグビーワールドカップ

6週間に及んだ大会は南アフリカがイングランドを下し優勝しました。これが3度目の優勝になります。

ラグビーワールドカップ日本代表

2019年9月20日から11月2日にかけて日本で開催された今大会。

日本での認知度は前回のイングランド大会での南アフリカ戦で日本代表が見せた奇跡で大きくアップしたといっても良いのかもしれませんが、世界的に見ると、「夏季オリンピック」「サッカーワールドカップ」と併せて3大スポーツイベントと呼ばれる大イベントです。

自国開催で、そしてアジア初、ティア1以外の国における開催は初めてとなった今回の大会でも日本代表は奇跡を見せてくれて感動を残してくれました。今回の公式キャッチコピーは「4年に一度じゃない。一生に一度だ。 -ONCE IN A LIFETIME-」です。

ラグビーは日本での認知度を上げたでしょうか?

○ラグビーワールドカップ日本代表のメンバーって何人?

ラグビーで試合に出れる人数は15人です。しかし、実際にはリザーブのメンバーなども含めて日本代表チームが構成されることになります。最終選考を経て、日本代表チームのジャージを着ることになったのは31人です。

内訳は、フォワード18人、バックス13人でした。しかし、コーチやトレーナーは勿論、最終選考で選ばれなかったメンバー、全てのラグビー関係者やファンを含めて「ワンチーム」と言っていいんでしょうね。

○日本代表のワールドカップでの軌跡

日本代表は、決勝トーナメント、ベスト8での南アフリカ戦で敗れてしまいましたが、グループリーグを突破したのは、日本代表としては、初めてという快挙でした。

グループリーグを4戦全勝の首位通過を果たした日本代表ですが、初戦のロシア戦では先制を許しながらの逆転勝利、次の試合相手のアイルランドは世界ランク2位の強豪国で予想を覆しての劇的勝利、3戦目のサモア戦では最多となる38得点を挙げての勝利をあげ迎えた決勝トーナメント進出をかけたスコットランド戦ではスコットランドの激しい攻めの前での最後の20分間の激闘は語り継がれるでしょう。

そして、最終南アフリカ戦の死力を振り絞っての戦いぶりと、終わったあとの選手達の涙や笑顔、犠牲にしていた家族との触れ合いは脳裏に焼き付いて色褪せることはないでしょう。

ラグビーワールドカップ日本代表について見てきました。あれだけの戦いのあとですから、体力の消耗も激しいでしょうし、故障や怪我との闘いでもあると思います。

それらも自分の身体に万全のメンテナンスをしてこそ、臨めるものだと思います。

見ているだけの私たちも、力が入って身体のあちこちがこわばってしまったかもしれません。
身体をほぐしてゆっくりと試合を振り返ってみてもいいですね。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院