9月の星座

9月の夜空・星座

暑く湿気の多い夏が終わり空気が澄んでいく9月というのは、何か身も心もほぐれていくような感じがします。
そして、ふと、見上げた夜空に季節の移ろいを感じられたことがあるのではないでしょか。

そういえば、ウサギが餅をつく中秋の名月というのも9月ですよね。
昔に比べて温暖化が進んだ現在でも、やはり季節感を感じるイベントの1つがそんなお月見だったりもします。

○9月になると夜空の星が美しく見えるのは?

地方に行くとそうでもないかもしれませんが、都心ではやはり夏の空というのは、少し曇って感じます。

熱帯夜というのが当たり前になって、一晩中気温や湿度が高い状態が続く結果、いわゆる空気が澄んだ状態ではなくなり、湿気の多い空気越しに夜空の星達を見上げるため、夏の星空は綺麗には見えないことが多いのです。

それが、9月になると気温も下がり秋の乾燥した空気と入れ替わるため、星達が美しく見えるのです。

○9月の夜空・星座は?

秋の始まり9月の夜空の大きなイベントは、お月見です。
今年は、中秋の名月は9月13日になり、翌14日に満月を迎えることになります。

そして、天体観測ファンにとってはかかせないのが9月のあたまの土星と木星のランデブーかもしれません。
月と木星や土星の大接近も観察することができます。

夏には天頂付近に見えていたヘラクレス座等もさすがに地平近くに下がっていき、代わりに西の空にはこと座が現れます。また、南の空にはやぎ座が現れ、少し郊外に出るとその逆三角形の姿をはっきりと見ることができます。

そして秋の星座では唯一の1等星を含むのがうお座です。北の空には北斗七星の柄杓が、まさに水をすくおうとしているかのように見えるのもこの季節です。

東の空には秋の星座とシンボルとも言うべきぺガスス座が現れることになります。

○9月生まれの星座は?

9月の夜空・星座について見てきましたが、ちなみに星占いでの9月生まれの人の星座は、9月22日まで乙女座で23日以降が天秤座ということになります。

9月の夜空の星は明るい星が比較的少ないので、見つけにくいかもしれませんが、秋の夜長を虫の声などを聴きながら夜空を見上げて見るのもいいかもしれませんね。

そして、溜まった夏の疲れが出る頃でもありますから、身体のメンテナンスもお忘れなく。 

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院