春。

春はスタートダッシュ!

平成に続く新しい年号が令和に決まりました。

令和は、万葉集からとられたものらしいですが、春は昔から日本人の季節感の中でも特別なものがあるような気がしますよね。

長い冬が終わって、凍てついていた大地から色々な草花の芽が出てきて、そして風がぬるむころには桜のピンクや菜の花の黄色が一面に覆うようになって、、、全てが始まる季節という感じがします。

そんなついつい、ウキウキしてしまうような春ですが、体調面では気をつけなければいけない季節でもあります。春の体調管理について。

〇あらためて春という季節について

あらためて春という季節について見てみましょう。

出逢いや別れを伴うようなイベントごとがいっぱいです。入学や就職などの環境の変化の季節でもあります。

陽気に誘われてウキウキしてしまう季節でもありますが、春はまさしく「頑張る、気が張る(HARU)」季節でもあります。

〇春に現れる体調面での不調について

そんな春には色々な体調面での不調が現れます。

環境の変化やストレスからくる自律神経の乱れが大きな原因だと言われています。

三寒四温とよばれるような寒暖差が季節を通じて、そして1日の中でも繰り広げられます。身体がこれについていかないことも、体調の乱れに拍車をかけることになります。

花粉症に代表されるようなアレルギー反応に悩まされる方も多いですよね。春には色々な不調が出てきますが、それは別々のものではなくて、繋がっているといってもいいぐらいです。

〇春の体調管理で気をつけることは?

では、春に体調を維持するために気をつけなければいかないものは、どういうものがあるのでしょうか。

まずは、身体を冷やさないことが大切です。「冷えは万病の元」とも言いますが、いくら暖かくなってきたからと言って油断をせずに、身体を冷やさないことが大事になってきます。

着る物もそうですが、食事も身体を暖める効果のあるものを意識しましょう。

あとは、頑張りすぎて、気を張りすぎて、疲れをためないことです。身体の疲れもそうですが、精神面でもそうです。

忙しい季節ですから、知らない間に疲労は蓄積していきます。もちろん、頑張ることは必要ですが、意識して普段以上に規則正しい生活を心がけ、心身共にストレスをためないようにしましょう。

しかし、どんなに気をつけても疲れやストレスは溜まっていくもの。溜め過ぎる前に、ストレス解消・息抜きを。そして整体で、身体を緩めましょう。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院