イチロー選手引退

イチロー選手引退、イチロー選手の変化

春は変化の季節でもありますよね。

それぞれの人がそれぞれの立場で変化を経験します。

この世の中で変わらないものはないのかもしれません、そして何事にも、いつしか終わりが来ます。

そんなことを感じさてくれたのが、先日のイチロー選手の引退でした。正確にはもう「イチロー選手」と書くのは正しくないのかもしれませんが、私の心の中では、永遠にイチロー選手なので、ここでもイチロー選手と書かせていいただきます。

この日がいつかは来るのは分かっていても、やはり信じられないような感じがしました。

特にイチロー選手の場合は、確かに頭には白いものが目立っていたかもしれませんが、体系的な変化や、足が極端に遅くなって動きが緩慢に見えるようになったりといったことがなかったために、余計に信じられない、信じたくないような気もしています。

しかし、あのイチロー選手にも変化の時が来ました。

もちろん、イチロー選手と並べるのがふさわしいかどうか分かりませんが、私達一般人にも変化はきます。
今日は、そんな私達にやってくる「変化」について見ていきたいと思います。

〇イチロー選手に訪れた変化について

イチロー選手のような歴史に名を刻む選手について、推測も交えて語るのはおこがましいとは思いますが、想像してみたいと思います。

●フィジカルな面での変化について

イチロー選手は超がいくつもつくぐらいのトップアスリートですから、フィジカルな面での変化とういのは、結果を出し続けるためには、1番高いハードルとなっただろうと思います。

昔に比べれば、トレーニングやケア方法についての進化もあり、衰える速度というのは間違いなく遅くなっていますが、それでも衰えはやってきます。

筋力等の表面的なものよりも、動体視力や反射神経やといったものの衰えが大きかったのではないでしょうか。
そして、疲労回復までの時間なども間違いなくかかるようになっているでしょうから、トレーニングの量や質にも影響せざるを得なかったのではないでしょうか。

●メンタルな面での変化について

イチロー選手は、「偉大な記録を達成するには、結局、小さなことを積み重ねていくしかない。」と言った意味のことをおっしゃってました。

小さな結果を積み重ねていくというのもそうでしょうが、小さな努力を積み重ねるということもそうだと思います。

しかし、イチロー選手がイチロー選手であり続けるという想像もできないようなプレッシャーとともに、継続的な努力を可能にするメンタル面への疲労の蓄積も相当のものだと思います。

人はやはり、上り坂ではモチベーションを保つことは容易いですが、下り坂でモチベーションを保つのは大変なことだと思います。

●イチロー選手を取り巻く環境の変化について

45歳のイチロー選手が、MLBに挑戦してからも、MLBの野球自体も変わってきているように思われます。

バッターにしても、ピッチャーにしても所謂「パワー系」のプレーヤーが多くなりました、それも昔と違ってパワーとスピードを兼ね備えたプレーヤーがです。

そんな中で、やはり体格に劣るイチロー選手を支えてきたものは、そのスピードとテクニックでしたが、それは限界付近の高い次元で能力を発揮できた場合でのみ結果を残せるものだったのでしょう。

〇私達にも訪れる変化について

一般人の私達にも変化は訪れます。そんな変化について。

●フィジカルな面での変化について

加齢に伴う変化は当然、訪れます。勿論、イチロー選手のように高いパフォーマンスが要求されるわけではないですが、やはり運動能力や疲労回復能力等は低下していきます。
その変化は、日々の生活の中で気づかないうちにですが、私達の身体に訪れています。

●メンタルな面での変化について

「体力の衰えは気力の衰え。」といも言われますが、フィジカルな面での衰えが、メンタルな面に与える影響も大きなものがあります。

「何だか、やる気が出ない。」だとか投げやりに成りがちな、集中力の続かない時が増えるのも当然かもしれません。

●環境面の変化について

私達を取り巻く環境も変わってきます。メンタルな面への変化にも繋がってきますが、定年や子育てが終わった主婦の方などは勿論、安堵感のようなものもあるかもしれませんが、一方では喪失感のようなものを味わう方も多いようです。

それ以外にも学校や会社・仕事面での環境等の変化もメンタル面へ、そしてやがてはフィジカルな面への影響に繋がることも多いようです。

〇変化に対応していくために 

変化というものが必ず訪れるものとするならば、それを認めないのではなく、認め、受け入れた上で、自分なりに対応を検討していくことが必要なんではないでしょうか。

例えば、イチロー選手のように周りとの闘いの中で、結果を出し続けなければいけないのなら、自分だけで完結できないとは思いますが、それでも、練習内容等は変化を受け入れて対応された部分もあったかもしれませんし、一方ではそれに抗おうとする部分があったのだと思います。

私達、一般人でも、もちろん抗う部分としてのトレーニング等も必要かもしれませんが、同時に、休息と同時にケアをしてあげることも必要だと思います。

イチロー選手の引退を目のあたりにして、あらためて人間が避けては通れない変化というものについて見てきました。

変化に対応できたもののみが生き残れるともいいますが、対応するには、受け入れることが、まずスタートとなるような気がします。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院