桜の季節

桜の季節はご用心

日本人にとって、一番なじみの花と言えば、桜ではないでしょうか。

ちょうど、卒業や入学、就職や退職といった節目のイベントが重なっていることもあり、ただ単に咲く花の美しさだけでなく、色々な記憶を呼び起こしてくれるものとなっています。

また、パッと咲いて、潔く散っていく姿は日本人の美徳に合ったものとなっています。では、そんな桜について見ていきましょう。

桜と一口に言っても、沢山の種類があります。

国内だけでも、600以上が確認されているのです。一番身近な染井吉野(ソメイヨシノ)をはじめ、馴染みの深いものとしては、八重桜、江戸彼岸、枝垂桜、緋寒桜、寒桜、深山桜、山桜といったものがありますよね。

多くは3月下旬から5月上旬にかけて咲き、桜前線の北上という言葉の通り、南から順に北へ向けて咲いていきます。

しかし、私達が春に興じる桜と言えば、ソメイヨシノですよね。公園などで、桜の樹のの下での宴といえば、ソメイヨシノです。

日本では、最も多く見られる桜です、実はこのソメイヨシノ、昔からあった固有の品種ではないのです。江戸時代末期に交配によって産まれたものとされています。
そして、そのソメイヨシノは接ぎ木などで、日本中へ広まっていくこととなります。ですから、いまある沢山のソメイヨシノは1本の木から生まれたクーロンとも言えるのです。ですから、一斉に同じように咲いて、散っていくのかもしれませんね。

花見で代表される人物は、やはり豊臣秀吉ではないでしょうか。

豊臣秀吉は、歴史上、最も人気のある人物とも言えますが、こよなく桜を愛したような、その気質が桜ともに、私達日本人に愛されているのかもしれませんね。

吉野山まで花見にいったのは有名ですし、世界遺産にもなっている醍醐寺での花見は有名ですよね。広大な敷地に、各地から集められて植えられた桜の下で繰り広げられた宴では、1300人以上が興じたとされ、秀吉が見た最後の栄華だったのかもしれません。

なんだか身も心も浮かれだしてしまいそうな、桜の季節・早春ですが、この季節は実は身体にとっては、とっても負担の大きな時期でもあるのです。

三寒四温と呼ばれる不安定な気候のさなかにありますし、1日の中でも寒暖差の激しい時期でもあります。

そんな、時は自律神経も乱れからくる不調が心身を襲う時期でもあります。身体を冷やさないようにして、整体などで自理神経を整えてあげましょう。

桜について見てきましたが、ソメイヨシノの花言葉は、「純潔」「優れた美人」となっています。今や、その優雅な姿目当てに外国からも多くの人が訪れるようになりました。

花より団子ともいいますが、やっぱり花はいいですよね。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整体院