スノーボードって、

スノーボードって、やっぱりそれなりに危険が、、、

やっぱり、なんだかんだ言っても雪景色は綺麗ですし、そこでのスキーやスノーボードって爽快ですよね。

今は、ボーダーの方が多いかもしれませんが、冬になると積雪情報が気になって仕方ないという方が沢山いらっしゃると思います。
ただ、一方ではこのシーズンになるとスキーやスノーボードでの怪我や障害の治療に来られる方がいらっしゃいます。ウィンタースポーツのうち、今回は、スノーボードの時の怪我や障害について見ていきましょう。

○スノーボードの怪我はどんな時に起きるの?そしてどんな怪我が多いの?

スノーボードでの怪我は、やはり自身が滑走中のものが多いです。滑走中に転倒したり人やその他の何かにぶつかってしまうというものです。

その他には、リフトでの乗り降りや、ぶつかられてとかが多いようですね。その結果、打撲や切り傷の他に捻挫や骨折といった怪我に繋がります。

怪我の場所ですが、上腕・前腕や頭部といった上半身が多く、あとは大腿骨・下腿、足関節となっています。ちなみにスキーになると大腿・下腿といった下半身の怪我が多くなります。

○スノーボードでの怪我の原因

スノーボードの怪我の多くの原因はやはりスピードの出し過ぎが多いようです。

この場合は、転んで何回転もするような「派手に転ぶ」という状態になって大怪我の恐れがあります。

また、初心者の場合は、「逆エッジ」と言って、板の谷側が引っかかって転倒することもあります。特に谷側を背にして滑っている時は、おしりから着地しますから結構大きな衝撃を受けます。

また、急に足元をすくわれたように転んでしまうので受け身をとったりができないことも怪我につながるようです。
スピードの出し過ぎなどは、心がけ次第で防げるものかもしれませんが、初心者の間の転倒等は防ぎきれないこともありますし、傾斜の緩やかなところでも起こりえますから、十分な装備の他に準備体操等も必要が必要です。

○スノーボードで怪我をしたら

スノーボードで転倒や衝突等によって怪我をしたら、その場の応急処置はもちろんですが、その後も十分用心するようにしましょう。

テンションも上がっているからその時は気にならないこともあるかもしれませんし、せっかく仲間で遠くまで来たんだからと、我慢せずに、とりあへず休んで様子を見ましょう。

そして、打撲や捻挫の恐れがある場合は、まず冷やすことが肝心です。それでも腫れや痛みがひどいようなら医務室等で手当てを受け休養し、自宅に帰ってから、整骨院や病院等で適切な治療を受けましょう。

マシになってきた気がするからとか、何とかなるからとほっておくと、怪我が悪化したり慢性化することがあるんで、ちゃんと治療を受けましょう。

 以上、スノーボードを巡る怪我について見てきましたが、スポーツに怪我はつきものですが、大怪我にならないように、そして怪我をしても長引かないように注意しましょう。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院