最近ボーリングしましたか?

ボーリングって、案外ハードなんですよ。

家族や仲間、そして一人でも手軽に楽しめるスポーツとして、ボーリングは人気ですよね。

ボーリング自体は、ボールを投げるだけだから、そんなにハードなスポーツの印象はないかもしれませんが、案外、身体のいろんなところに影響が出てくるものでもあるんです。

では、そんなボーリングの身体への影響について見ていきましょう。

○ボーリングの身体への影響はどんなものがあるか
実は、ボーリングの影響は、全身のあらゆる場所で考えられます。

上から順番に見ていきましょう。

まず、首ですが、重たいボールを持つことで、重心が偏ることになりますが、それに対して垂直を保とうとすることで負担がかかることになります。
肩や肘、手首といった関節には、ボールを投げる際に、その重さがもろにかかってくることになります。
手については、指や手の平にボールをリリースする際の摩擦も考えられます。また、手首の腱鞘炎などというのは非常によく見られる症状です。
そして腰については、ボールを投げる際に、曲げたままの姿勢で重心を下げるような形になりますので、そこに無理な力が加わることになりますし、膝や足首は滑りやすいレーンの上で、ステップを踏む際に思わぬ力が加わり、痛めてしまうことが多いのです。

○ボーリングが原因の障害を防ぐためには
ボーリングでの怪我を防ぐためには、ボールの重さや、投げ方など、とにかく無理をしないことが、まず大事です。

重たいボールを使って、滑りやすい床の上を、慣れない靴で歩くわけですからそれだけでも、危険な要素があります。
あとは、症状や場所によって、サポーターなどの小物を有効に使ったりすることも必要かもしれません。

○もし、ボーリングで障害が出たら
無理をしていないつもりでも何があるかはわかりません。

そして、ダメージは知らず知らずのうちに溜まっていくものです。

少しでも異常を感じたら、腫れや痛みがある場合は、少しでも早く冷やすなどの応急処置をした上で、メンテナンスをしてあげる必要があります。

さきほど、場所別に主な症状をあげましたが、全体的なゆがみ等を伴ってしまい、身体の不調につながることもあります。

個別の場所によっては、ほぐしたりテーピング等の処置も必要です。重症化する前に、ケアをしてあげましょう。それが、楽しいはずのボーリングを続けるために、そして何より健康的な生活を送るのに必要なこととになってきます。

片瀬江ノ島・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院