花火大会

江ノ島の花火大会は夏だけではなく、秋にも行われる人気行事のひとつ。

夏の夜を彩る花火ももちろんおすすめですが、特に10月に開催するふじさわ江の島花火大会は、空中で直径約480mまで開く2尺玉が有名です。今年は8月21日と10月20日に行われます。

花火大会の日は昼間は江の島観光を楽しみ、夜は花火を満喫するのもいいですね。

 

江ノ島には、海、島、神社があって夏と秋には花火大会があり、海水浴客が大勢みえ、2年後の2020年東京オリンピックでは江の島ヨットハーバーでセーリング競技が行われることが決まっています。

院から近い片瀬海岸は景観もよく、富士山が見えることもあって観光客の方が多く見られます。海岸の近くにはサーフィンスクールやサーフィン用品店も多く、サーフィンをしている方も見られます。

江ノ島全体が龍の巣ともいわれ数多くのパワースポットがある江ノ島ですが、その中心に江ノ島神社があります。

様々なご利益があるといわれていますが、特に金運アップ、芸能・芸術的才能アップ、悪縁切りなどが有名ですね。

カップルや友人とお参りに行く際には、江の島の入口にある青銅の鳥居をくぐる時には一礼して、同行者とは別々に鳥居をくぐった方がいいそうですよ。

 

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院