知能のピーク

人の知能はどのくらいの年齢がピークだと思いますか?

一般的には20歳ぐらいというイメージがあるようですが、それは『流動性知能』と呼ばれる新しい物事に対応する能力です。頭が柔らかい、ということですね。

でも知能はもう一つあるのです。
『結晶性知能』と呼ばれ、知識や経験を活用する能力で、死ぬまで蓄積されていきます。
こちらのピークは60歳ぐらいですね。

この『流動性知能』と『結晶性知能』を数値化した合計がピークを迎えるのは50代半ばです。
つまり脳の働き盛りは中高年なのです。

しかしこの知能を維持するにはコツがいります。
一つ目は『流動性知能』の衰えを抑えること。流動性知能が衰える最大の原因は過去の成功体験に固執して時代に対応できなくなることです。そうならないためには、時代の流れを否定せず、積極的に対応していきましょう。

二つ目は脳の神経細胞やそれらをつなぐシナプスの新生を助けることです。これは新しい知識を適度に入れて、考えることで脳に刺激が与えられ、新生が促されます。

新しいもの好きや、人生の冒険者はいつまでも脳に刺激を与え続けられるので、幸運に恵まれる脳になると言われています。

お年寄り 行動イラスト に対する画像結果

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院