サーフィンでの腰痛

昨日の台風が去って、快晴の一日でした。

 

 

 

サーフィンで腰を痛める方は多くいらっしゃいます。

腰痛を起こしてしまう場面はいくつかあります。

・波待ちで
波の上で座っていると不安定な状態ですので慣れないと無駄な力が入ります。転倒し体を捻ってしまうこともあります。

・テイクオフで
パドリングをしている状態からかがんで立ち上がる。この動作で痛めてしまう方がいます。

・ターンで
踏ん張って捻った時に痛めてしまうことがあります。

 

サーフィンではパドリングやテイクオフの時に腰を反らせることが多くあり痛める原因になります。ターンを行うときも腰を捻って痛めてしまうことがあります。
水温が低いと筋肉は硬くなり痛みやすくなります。筋肉が硬いのに体を動かすと関節も痛めてしまいます。

初心者はバランスをとるのが難しく体を捻ったり、余分な力が入ったりしがちです。関節や椎間板を損傷することもあります。また、ウオーミングアップ、アフターケアを行っていないと、痛めるリスクは高くなります。

姿勢も大切で猫背にならないように骨盤を起こしましょう。
そして、リラックスして行いましょう。

 

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院