六気→六淫

中医学では大自然の気象の状態をあらわすのに「風」「寒」「暑」「湿」「燥」「火」という六つの気象現象をまとめて「六気(ろっき)」といいます。

季節が変わると、気候もそれに応じて変化します。気候の変化が正常な場合はこの「六気」が人体の活動を促します。しかし季節の変化が異常な場合や、人体が六気に対して著しく抵抗力をなくした場合、六気はぞれぞれ「風邪」「寒邪」「暑邪」「湿邪」「燥邪」「火邪」という邪気となって人体に障害を与えます。これら六つの邪気をまとめて「六淫(りくいん)」といいます。

「六気」には万物を育む生長させる働きがあり、人体に対しては無害です。正常な六気が人を発病させることはあまりありません。健康な人であれば外界の変化に十分適応し、正常な生活を営むことができるからです。
しかし六気に異常が起こり、外界の変化が人に過大な負担になる場合には病を引き起こす要因となります。

例としては夏が酷暑だったり、冬が厳冬だったり、もしくは春なのに寒かったり、秋に暑かったりなどが六気の異常ということになります。

このように「六気」に異常が起こると「六淫」に変化するのです。
「淫」には「過剰」という意味があり、そこから転じて「不正」や「異常」の意味合いとして使われています。
「六淫」は不正の気なので「六邪」ともいわれ、外感病の主な発病因子となります。

六淫の侵入ルートは皮膚から、口から、鼻からということで、現代は気候だけではなく細菌やウイルスの侵入も含みます。5~7月は最も暑い季節なので「暑邪」「火邪」と熱を伴いやすい季節になります。

普段から適度な運動を心がけ、体の中に熱がこもらないよう気を付けましょう。暑い イラスト フリー に対する画像結果

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院