カツオノエボシ

『カツオのエボシ』って聞いたことがありますか?
クラゲに近い生き物で、本来はお盆を過ぎた辺りからみられるのですが
ゴールデンウィークを過ぎた頃から、湘南海岸で大量発生しているそうです。

別名『ブルーボトル』といわれ、風船のようなフォルムとガラスのような美しい青色が特徴で、思わず触りたくなるのですが、絶対に触ってはいけません。
なぜならこれがいわゆる『デンキクラゲ』といわれているもので、猛毒があるからです。

触手に触れて刺されると、患部は炎症を起こして腫れあがり、痛みが長時間続きます。
二度目に刺されるとアナフィラキシーを起こし、ショック死する危険性もあります。

もし刺された場合、皮膚についている触手をビニール袋で包んだ手でそっとはがし、アルコールを塗ります。
患部を擦ってはいけません。アルコールが用意できない場合は海水かお湯につけます。

一般的に言われている真水や酢で洗うという方法も、刺さっている刺胞が刺激され発射されてしまう可能性があるので、逆効果となります。

痛みや痒みがおさまらない時やショック症状がみられる時はすぐに病院に行きましょう。

カツオノエボシ 画像 無料 に対する画像結果

 片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院