肩こり

肩こり

肩こりをお持ちの方、かなり多いですよね。
「以前は感じたことはないのに、年とともに感じるようになった」なんて
ボヤキ交じりによく耳にします。

疾病や怪我などは別として、一般的な“こり”そのものは、筋肉が緊張した状態で、個人差はありますが、その緊張が強くなると脳が“痛み”として認識するのです。これが「こり」です。

何故、「こり」を感じるのか。
今回は「肩こり」に焦点をあててのお話です。

肩こりは首が原因のことが多いのです。
首は4、5キロある頭を支えているためにただでさえ緊張しやすい部位です。また、少し専門的になりますが、首の骨は頸椎といって7個の骨とその間にクッションの役割をするゲル状の椎間板があります。この椎間板の水分量は18歳をピークに低下していきます。緊張しやすいうえに水分量低下となると、首の動きも低下し、首周りの関節や筋肉にストレスがかかります。ストレスがかかると緊張に繋がり、“痛み”になってしまいます。
皆様お馴染みの「肩こり」の完成です。

この「肩こり」を完成させないためにも、普段から予防することをお勧めします。
長時間、同じ姿勢でない。
適度に動く、辛いと感じたら温める。
肩甲骨を動かすのも有効です。
普段から気をつけて意識してみてくださいね。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院