強い骨

良い骨とは、強くて丈夫な骨のこと。
骨の強さは7割が骨密度によって決まりますが、骨を構成する“材料”もとても重要です。

まずカルシウムとビタミンDを摂ることは必須です。

カルシウムは、乳製品、豆乳などの大豆製品、濃い緑の野菜
に多く含まれています。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDは鮭や青魚に多く含まれます。
さらにビタミンDは日光で活性化されるので、一日30分、手のひらだけでもいいのであたりましょう。

そして骨を強くするのにかかせないのは運動です。
骨の生成を促すのに一番効果的なのが、縦に重力がかかる運動です。

30分歩くだけでも効果的ですが
更に効果を上げるには片足立ちを一分行うことです。
一方の足に負荷を集中させることで、骨の再生を効率よく促します。
壁などでバランスをとりながら行ないましょう。

一か所の骨でみると代謝は3~6か月で行われますので、
今の栄養、行動は半年後の良い身体を作ります。

 

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院