良い汗、悪い汗

汗ばむ陽気が多くなってきましたね。
「良い汗、悪い汗」ってたまに聞く言葉。
ご存知ですか?

一言、「良い汗、悪い汗」といっても、色々なバージョンがあるのです!
今回は『匂い』がテーマです♪

「良い汗」はほぼ無臭です。
なぜか?それは、汗は血漿から造られて発汗します。発汗の際、血漿に含まれるナトリウムやマグネシウムなどのミネラルは汗腺でろ過して血管に戻します。そのため、「良い汗」の99%は水分なのでほぼ、無臭という訳です。
特徴として汗は小粒で蒸発しやすくサラサラしています。必要に応じてじんわりと発汗されます。

逆に「悪い汗」は、汗腺のろ過機能低下などにより、大事なミネラルなども一緒に出てしまいます。また、皮膚をアルカリ性にし、雑菌が繁殖しやすく、乾いた時は特に匂ってしまう。こちらの特徴は大粒の汗で蒸発しにくく、ベタベタしています。一気に出てダラダラとかきます。
この「悪い汗」に心当たりはありませんか?
もし、ご自身が該当してしまったら、「悪い汗」を「良い汗」に変えればいいのです!

汗は体温調整のためのものです。
「悪い汗」をかいてしまうということは、汗腺の機能低下はもちろん、休眠状態になっている汗腺も多いということ。
こちらをまずは目覚めさせましょう!

湯船にしっかり浸かるなどして汗をかきましょう。
ぬるめのお湯なら半身浴でも。足湯も効果ありです。
とにかく“ダラダラ汗”ではなく、“じっとり、じわじわ”と出る汗をかきましょう。この汗をかけるように意識してください。
休眠中の汗腺も目覚めて改善していきます。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院