内臓の冷え

春夏の“内臓の冷え”に注意!

特に、体感温度が高い季節は、内臓の冷えに要注意です。暑いので汗はかいている、冷たいものは欲しくなる、しかし手足が冷たいまま…そんな人は、内臓から冷えてしまっているのかも。

暑い季節は基本的に、体が熱を逃そうと働いています。その為、冬よりも体温が保ちづらく、自分自身も暑いと感じているので、体の芯だけが冷えているのです。

内臓が冷えていれば、血の巡りが悪くなり、手足の先も冷えていきます。しかし、深刻なのは内臓の冷えです。体温が下がると、免疫力も落ちてしまうので、風邪をひきやすい、肌荒れがしやすくなる、などの体調に出てきてしまいます。

他にも、脂肪が燃焼されづらいので太りやすくなったり、老廃物が排出されきれずにむくんだりと、体の冷えはいいことありません!

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院