四十肩、五十肩

「四十肩」、「五十肩」?

「四十肩」と「五十肩」でどう違うのか?
実は一緒。呼び名が違うだけで中身は一緒です。

一般的に、肩関節を覆う膜や靭帯などの柔軟性が低下、また、上腕部の筋肉と骨を繋ぐ腱板が変性して炎症を起こすと考えられています。

整形外科に行けば「肩関節周囲炎」と呼ばれるものです。
それこそ、まだ40前の友人が肩が上がらずに整形外科に行ったところ、ドクターから「四十肩ね」と言われたので「先生、まだ40になっていません」と言ったら「60でも四十肩って言うんだから、若いうちは損だね」と返されたそうです。
ちょっと、複雑ですね(苦笑)

ちなみにこの四十肩、状態によって痛み方や症状など様々ですが、その人それぞれの原因があります。

根本が分かれば改善もできます。
四十肩、諦めるものではありません。中には“しばらくは我慢するもの”、“付き合うもの”と思いこまれている方がいらっしゃいます。

症状の時期は4つがあります。
1、炎症期
2、停滞期
3、回復期
4、治癒期

炎症期は捻挫を起こしてしまった状態ですので、無理に動かさないでください。
動かすとかなり痛いですし、痛くて寝られない方もいらっしゃいます。
痛みが強い時は氷などで冷やし、さらに三角筋でつると楽になります。怪我をした時と同じです。物を取る時、物を持つ時など脇を開けずに行った方が楽です。また、痛くない方の手を使う事も痛めている手への負担を減らします。家事や食事など慣れない手を使うことは不自由ですが効果はあります。この時期に無理をしてリハビリは禁物です。

炎症期が過ぎ、停滞期になりますと、少しずつリハビリを行います。無理をし過ぎると、また、痛みが強くなって逆戻りしてしまいます。

辛い時期を超え回復期になるとかなり楽になっています。まだ痛みや動きの悪さが残っていますのでリハビリを行いましょう。
治癒までの期間は一年かかった、半年かかったと言われる方もいらっしゃいます。実際に四十肩、五十肩は治るのに時間はかかります。

体の歪み、姿勢の悪さがあると治りづらくなってします。片方が良くなったら逆が…なんてこともあります。
今の症状の時期を見極め身体のゆがみから改善していく事が当院の出来ることです。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院