クラッキング

桜咲く季節

今年は早くも満開♪

週末には花見も賑わっていますね。

昨年は入園、入学式まで桜が残っていてくれたのですが、今年はどうでしょう?

せめてあと10日は咲き続けてもらいたいものです。

1日でも長く楽しみたいですよね、桜♪

首がこった時つい“ボキッ”と音を鳴らしてしまうことはありませんか。
この音の正体はいったいなんなのでしょうか。

これは関節の中にある潤滑油のような液体が、関節が動くときの圧力差で気泡を発生させる音です。
この音の名を“クラッキング”といいます。

カイロプラクティックでも体に無理がない範囲で瞬間的に関節の動きを改善するものがあり
この時同様に“ボキッ”という音がする事もあります。

ちなみにカイロプラクティックで動かしている部位は日頃鳴らしている部位ではなく
その上か下の動きづらい関節です。

自分で“ボキッ”とやると一時的に脳が快感を覚えるのですが長続きしません。
そのため、またすぐ鳴らしたくなるのです。

このことは昔から良くないとは言われていますが
やりすぎなければ問題はないでしょう。

ですが、“音を鳴らす為にやる”のはやめましょう。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院