椎間板をしなやかに保つ

『椎間板』って聞いたことがありますか?

「椎間板ヘルニア」などで耳にすることがあるかもしれませんね。

椎間板とは、背骨一つ一つの間にある軟骨のことで
背骨にかかる圧力に対して、緩衝材の役割をします。
この椎間板が劣化すると腰痛などの原因になります。

この椎間板は二十歳までは血管から栄養供給をできるのですが
二十歳を過ぎると血管から取り込めなくなるので
周囲の毛細血管網からスポンジのように栄養のとりこみが行われます。

動かすことで周囲の血管網から栄養を吸収しやすくなるので
大人になってからしなやかな椎間板をキープするのには
運動が不可欠になるのです。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院