足に合った靴を選ぶ方法

リフレクソロジーの観点からいきますと、靴は血行を妨げるものでもあります。
なので血行を助ける靴を選ぶことが必要となってきます。

素晴らしい履き物として『わらじ』があります。
足底に地面の知覚を感じられ、それでいて藁が直接の刺激を和らげてくれます。

足首も自由に動かせ、つま先も完全に動く理想的なジャパニーズシューズです。

靴を選ぶ時はこの『わらじ』を思い浮かべていただきたいのです。
足をしめつげず、指先の一本一本が伸ばせ、動かせる靴です。

サイズを合わせるだけではなく、幅・つま先・足の甲・土踏まず・かかとの部分まで入念にチェックして下さい。

足の縦のサイズは知っていても、横幅の寸法には意外と無頓着です。
C・D・E・EEと表示されていますが、これは足囲といって指の付け根部分の足回りをはかったものです。
足囲がきついとここでしめつけられ、指先まで血が流れず、疲労の大きな原因となります。

夕方の足がむくんでいる時間を見計らって靴選びをしましょう。
必ず両足で履き、実際に歩いてみて、足がむくんでいても、楽にはいていられる靴を選ぶことが大切です。

足の楽さは全身の楽さなのです。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院