緑に囲まれて暮らすと長生き?

緑の多い地域に住む女性ほど死亡リスクが低いことが、10万8630人を対象に約8年間追跡したアメリカの研究で明らかになりました。

自宅から半径250mの範囲の植生を調べ、さらに季節ごとの変化も評価しました。
年齢、人種、喫煙歴などで統計的に追跡した結果、緑が最も多い地域に住む群は、最も少ない群に比べ、死亡リスクが12%低かったのです。

病気別では呼吸器疾患による死亡リスクは34%、がんでは13%低かったとのことでした。

この背景には抑うつ感が低いことのほか、身体活動量、大気汚染(PM2.5)が関わっていることもわかりました。

長生きは精神的な健康も影響していることがわかる良い例ですね。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院