ひらめきやすい身体を作る

良いアイディアが出やすくなる環境を整えることは可能です。

⓵集中は90分単位

長時間ひたすら仕事を続けると、ひらめきづらい状態になっていきます。
人間が知的作業を維持できる限界は90分ですので、仕事がノッていても、一時間半おきに席を立ったほうが、脳が情報をまとめやすくなる為、良いアイディアが浮かびやすくなります。

⓶音楽やテレビを無駄に流さない

脳は基本的に一つのモードしか働かせられないので、音や音楽も情報の一部になってしまい、まとめる作業が損なわれやすくなります。

⓷睡眠を十分に確保

情報が最もまとまりやすくなるのは、実は布団に入って徐々に意識が失われていく寝入りばな。
あまりに疲労が強すぎるとここを飛ばして深い眠りに入ってしまうので、日頃から疲れをとるのに必要な睡眠時間を確保することが大切です。

⓸考えていることを人に話す

ひらめきとは新しい情報と既存の情報、つまりは記憶同士が結びついて起こります。
そして記憶をコントロールするには人との対話がとても大事なのです。

人と話すことで、脳内にあふれた大量の情報が言葉によって圧縮され、秩序づけされるのです。
また、自分では使わない語彙を学習することができるので、より効率的に脳内を整理できます。

しかし、ひらめいた考えをキープできるのは4分半と言われています。
忘れないようにメモして、収穫を逃がさないようにしましょう。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院