リハビリ

その痛み、大事にし過ぎていませんか?

転倒時に手を突いて手首を痛めた方がいました。
骨折の恐れを抱き、整形外科へ。
幸い、骨折はなく医者の診断は「TFCC損傷」とのこと。
これは「三角線維軟骨複合体損傷」といって、分かりやすく言うと
手首、小指側の捻挫、というものです。
急性期を過ぎて炎症が引いたら、
これも、大事にし過ぎますと、前腕、二の腕、肩や首コリまでも引き起こします。
痛いから、使わない、常に温存、安静。
これでは健康な筋肉を退化させ、固めてしまいます。
耐えられない痛み以外は、日常の生活を続けてください。

一日でも早く、不快な症状から解放されたければ、大事にし過ぎるのはかえって痛みを長引かせます。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院

訪問・往診は→片瀬江ノ島整体