血液とリンパの違い

血液とリンパ液の違い

血液は心臓をポンプとして体の中を循環しています。
リンパ液は筋肉をポンプとして心臓へ向かうのみの一方通行です。

この時点で血液とリンパ液での違いが大きく分かりやすいですね。
働きについても、今回は少し詳しくご紹介させて頂きます♪

血液は皆様ご存知、心臓から送り出されて動脈を通り、静脈からまた心臓に戻ります。この時、送り出された動脈の血液は細胞などに酸素や栄養を届け、心臓に戻る静脈での血液は細胞から排出された老廃物や二酸化酸素を回収しています。
この時の濾過機能は腎臓です。

一方通行のリンパ液は血液から染み出し、起点(始まり)は手や足の指先、末端の毛細リンパ管から。
その毛細リンパ管が合流を繰り返しながら太くなり、リンパ本幹となって鎖骨下静脈を経由して心臓に流れこみます。この流れのなかでリンパ液は細胞などが使わなかった栄養素や老廃物を回収し、また病原菌や腫瘍細胞などを退治しながら常にクリーンな状態に保っています。
こちらの濾過機能は複数個所に存在するリンパ節です。

いずれも老廃物などを回収しながらの流れですが、濾過する箇所が違い、またポンプも違うこと。
血液が心臓メインで流れているのに対し、リンパ液は筋肉がポンプであること。
リンパ管自体も自発的な収縮はありますが、その力は本当に微細です。
そのために、筋肉運動がないと、リンパ液はすぐに滞ってしまいます。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院

訪問・往診は→片瀬江ノ島整体