痛いだけは…

「痛い」は逆効果

体が硬いからと、柔軟性を求めてマッサージやストレッチなど
「痛ければ痛いほど利いている気がする、柔らかくなる」なんて
あなたも思っていますか?

「痛い」のは間違いです!

なぜか?
 それは痛みを伴うマッサージやストレッチは一時的に効果があるような気がしても、本当に“気”がするだけなのです。その強い刺激によって筋肉はただ単に壊れてしまうのです。筋肉組織が傷付けられてしまっている状態です。

そしてその壊れた組織を回復するために体は、もっと強くならねばと強度を増していきます。筋肉を更に硬くしていくのです。
このような繰り返しが行われた体は、当然、筋肉の緊張が強化されており、改善しづらくなっています。

特に、痛みのある筋肉に対して追い打ちをかけるような強めのストレッチやマッサージはおススメできません。

筋肉を柔らかくしたければ、筋肉組織を壊さないように、過度の緊張をかけないようにしていきましょう。

施術では状態を見て行っています。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院

訪問・往診は→片瀬江ノ島整体