湯たんぽは優秀

現在は電気による暖房器具が主流となっていますね。
しかし、最近改めて湯たんぽの良さが見直されています。

エアコンや電気毛布のような暖房は、身体全体を均一に温め続けるため、睡眠に入ってから適切な体温を保てないことがあります。そうなると心拍数が下がらず「深い眠り」につくことができません。よって、朝起きると疲れがとれていない・・・ということが起こります。

その点湯たんぽは入眠後、時間と共に冷めていくため、人間が本来持つ体温調節機能を阻害せずに眠りにつくことができます。

使い方としては足先に置くというのがポピュラーですが、それ以外にもおススメの使い方があります。
入眠前に腰からお尻がくるあたりに湯たんぽをおいてお布団を温めておくのです。
下半身の始まりである腰臀部を温めておくと、足の先端まで温まります。

デスクワークの方などは肩から腕の付け根辺りのお布団を温めておくと良いですね。

女性の方の場合、冷え症や生理痛などが重い時に直接お腹を温めるのも有効です。

まだまだ寒さが厳しい日が続きますので、湯たんぽをうまく活用してこの冬を乗りきりましょう。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院

訪問・往診は→片瀬江ノ島整体