頭蓋骨と骨盤も呼吸している

頭の骨は頭蓋骨といいます。
頭蓋骨は何個の骨で構成されていると思いますか?

頭蓋骨一個!

といきたいところですが
実は15種類23個の骨がパズルのように寄せ集まってできています。
そのつなぎ目の部分が『縫合』と呼ばれ、一種の関節のような役割をしています。

この縫合は息を吸うとすごく僅かですが開き、吐くと閉じます。
それと連動して骨盤も吸うときに僅かに前傾し、吐くと後傾します。

この動きの連動により、脳と脊髄内を循環している脳脊髄液のめぐりが良くなり、脊髄内を走る神経が正常に働くようになります。

姿勢が悪かったり、大きなストレスがかかると縫合や骨盤を構成する骨の動きが制限されます。
そのことにより脳脊髄液の循環不良が起こり、神経の働きが悪くなるのです。

それにより病名のつかない身体の不調などが出て参りますので、思い当たる方は整体を受けられる事をおすすめいたします。

片瀬海岸・鵠沼海岸・藤沢・腰越の腰痛専門整体 本間整骨院

訪問は→片瀬江ノ島整体