冷え性のタイプ

<冷え症のタイプ>

一口に冷え症と言いましても、冷え方には五つのタイプがあります。

本日はどのようなタイプに、どのような冷えが出るかご紹介していきます。

⓵四肢末端型

手足の末端が冷えるタイプ。

無理なダイエットによる栄養不足や運動不足などにより、熱源が不足する為、熱が逃げないよう手足の血流を減らしてしまう過剰な防衛反応が原因。冷え症の典型的なタイプ。
特に若い女性に多い。

⓶下半身型

下半身だけが冷えるタイプ。

血液がうっ血したり、下肢の血管を調節する神経が腰や臀部で圧迫されたりして、下半身の血流が悪くなる事が主な原因。

多くの冷え症の人に見られ、特に中高年に多い。

⓷内蔵型

身体の中心(内臓)が冷えるタイプ。

副交感神経優位の体質やアレルギー体質の人に多く、体表面の血流が多いため手足は温かいが、熱が逃げやすいため体の中心が冷えてしまうことが主な原因。

男性に多い。

⓸全身型

体全体が冷えるタイプ。

ストレスや不規則な生活などにより自律神経が乱れ、代謝が低下して熱をうまく作れなくなるため、脳が体温の基準値を下げてしまうことが主な原因。自覚のない低体温の場合があり「隠れ冷え症」とも言われる。

高齢者や子どもに多い。

若い男性にも見られる。

⓹局所型

体の一部だけが冷えてしまうタイプ。

局所型はかかとだけ、ももの横だけ、背中の一部だけ、二の腕だけなど。

坐骨神経痛やヘルニアなどの神経系の障害や、動脈硬化などの循環器系の障害を患っている人に多い。

あてはまるタイプはありましたか?

内臓の不調や食生活の乱れなど、熱源そのものの不足や、運動不足などで筋肉量が少ない為、熱生産がうまくできない事が冷えの原因です。

また、貧血や低血圧、動脈硬化、姿勢の悪さ、運動不足から、熱を運ぶ血液の循環が悪くなっている事も冷えに繋がります。

当院で血液循環をよくして、寒さに打ち勝てるお身体を作っていきませんか?

江ノ島・藤沢・片瀬・鵠沼の腰痛専門整体 本間整骨院