“身体を支える土台”

「骨盤の歪み」

「骨盤は身体の中心」にある、まさしく“身体を支える土台”です!

普段の生活の中で偏った姿勢や習慣、運動不足、または過度な運動により骨盤は歪んでいきます。

とかく、日々の生活の中で歪む原因だらけなのです。

その日の歪みをその日のうちにリセット出来ていれば問題はないのです。

ところが、そのまま放置で本格的に“骨盤の歪み“となると、全身の骨格に悪影響を及ぼします。

腰痛は当然、膝痛、肩コリ、首コリ、頭痛、冷え性、便秘、生理痛に生理不順、胃腸障害、高血圧など様々な不快症状に生活習慣病までも招きます。

骨盤の歪みでなぜ、こんなにも不快症状を招くのか?

冒頭に述べた「骨盤は身体の中心」ゆえに、歪んでしまうと身体のバランスが全体的に悪くなり、正しい姿勢を保てません。

歪んだままに生活を続け、その歪み方によっては内臓が圧迫され、血流が悪くなります。

血流が悪くなると、内臓などの機能の低下を招きます。

また、手足の指先まで血流が悪くなるために冷えて“冷え性”となります。

循環が悪いことで“むくみ”もここに当てはまります。

骨盤が後傾しますと、猫背になり、お腹は前に突き出た格好となり、圧迫された内臓機能は衰えていますので、代謝低下につながり、脂肪がつきやすくなります。

結果、お腹ポッコリ体系となります。

見た目にも体系が変わっていきます!

骨盤、大事です!歪んだままに放置は禁物です!

江ノ島・藤沢・片瀬・鵠沼の腰痛専門整体 本間整骨院