猫背”のお話

猫背で何が悪い!?

“猫背”のお話。

例えば、背中を丸めて座った姿勢を思い浮かべてみてください。

よく見かけますよね、このような姿が俗に言う“猫背”

お顔が前に出ていますね。

この姿勢の時、首や肩、背中の筋肉は前に出た顔(頭部)の重みに引っ張られ、負担がかかっています!

どのような負担かというと、筋肉が緊張を強いられているということ。

その緊張が慢性化した先には、骨格の歪みに直結します!

そもそも骨は筋肉の動きによって動きます。

よって、偏って緊張した筋肉に引っ張られ続けていると、骨格まで歪んでしまうのです!

骨格が歪む=筋肉は歪んだまま緊張固定。

これだけでは終わりません!

身体は常に自覚なしに“バランス”をとろうとしています。

一部にかかる負担を補うために、他の筋肉部位に負担がかかります。

こうしてたかが“猫背”のひとことでも、“猫背”のみで済まなくなるので
す!
“負担”の輪が広がってしまうから。

“猫背で何が悪い”って、いいことはなさそう…。

江ノ島・藤沢・片瀬・鵠沼の腰痛専門整体 本間整骨院