病院へ行ったそうです。

本日来られた方は腰が痛くて病院に行ったそうです。レントゲンを撮り、検査をしたそうです。

腰痛で検査をしても、
約85%は原因がわからない、または特に問題がない腰痛だそうです。
「特に異常はありませんね」と言われた方もいらっしゃると思います。

しかし、病名はたくさんありますよね。
筋膜性腰痛、急性腰痛、慢性腰痛、座骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、変形性腰椎症、脊椎側湾症、圧迫骨折、骨粗鬆症などなど
腰痛の原因はあるじゃん。と思われるかもしれませんが、、、

病名=痛みの原因ではありません。

話は解剖的になります。
私たちの身体には痛みを感じるセンサーがあります。これは皮膚、筋膜、靭帯、腱、関節包、内蔵、血管などに広く全身に分布しており、組織の異常を知らせる警報装置としての重要な役割をしています。

痛みの種類は以下のものがあります。
・侵害受容性疼痛(機械的刺激、熱刺激、科学刺激)
・神経性(神経損傷、神経機能不全)
・心因性(うつ性疼痛、ストレス、精神心理的葛藤)

痛みを感じるセンサーは全身にあり、痛みには種類もあります。

よく骨が変形しているから痛いと思っている方がおりますが、骨自体が痛みを出すわけではありません。
背中が曲がっていてもO脚でも痛みがない方はたくさんいます。
骨折した場合、骨の周りの骨膜が痛みを感じています。

慢性的な腰痛の原因 は以下です。
・筋筋膜性の腰痛
  炎症による痛み
  
・筋肉痛、筋攣縮、筋疲労
  長時間の同じ姿勢、繰り返しの動作

・関節機能異常
  変形だけが問題ではなく様々な要因で関節の動き  が悪くなっている

・心因性

姿勢の悪さ、仕事や運動での負担、ストレス、誤った知識が痛みをつくり、治りづらくしています。
電気や湿布、薬、表面的なマッサージでは改善しません。
病名というものは骨や筋肉などの状態を表したもので、それだから痛いということではありません。

江ノ島・藤沢・片瀬・鵠沼の腰痛専門整体 本間整骨院