ヘルニア

加茂整形外科医院ホームページより
    ↓

・健常者の中にもかなりヘルニアがみられる。

・ヘルニアが圧迫している神経支配領域と痛みの場所がちがうことが多い。左右のちがいがあることもある。

・神経を圧迫すると痛みがでる??,これは患者さんは疑問に思わないかもしれないが、生理学を勉強したものにとっては疑問です。ギプスなどで神経が圧迫されると麻痺が生じます。

・神経根が炎症を起こすと痛みがでる??,物理的な圧迫でなくて化学的な変化で説明を試みる人もいるが、たとえそうだとしても、なぜ痛みが生じるのか。

・神経の走行に沿って圧痛があるといわれているがその理由は?
保存的治療で治ることが多い。圧迫を放置すると不可逆的変化が生じると考えるのが普通です。

・手術で除去しても治らないことがある。

・神経根ブロックや硬膜外ブロックが効かないことがある。

これらの疑問、矛盾に明快に答えたものをみたことがありません。それなのにヘルニアを痛みの真犯人とするのは強引すぎます。

     ↑
このように病院でヘルニアがあると言われたからといって痛み、しびれの犯人が必ずしもヘルニアというわけではありません。
それよりも今の状態になってしまった原因(生活習慣、運動不足、運動過多、姿勢、ストレス、誤った知識)を改善していくことが大切です。

江ノ島・藤沢・片瀬・鵠沼の腰痛専門整体 本間整骨院