ゴルフによる障害

ゴルフのスポーツ障害

ゴルフのスイングは腕を使うと当時に体幹を捻る動作ですが、ゴルフのスポーツ障害はこのスイングが原因となりやすいです。
ここでは、特に痛めがちな腰、手首、肘についてお話します。(他に手、肩、首、肋骨、股関節、膝なども痛めやすいです。)

ゴルフスイングのフォロースルー時(打球後、体を捻る動作)に痛めがちなのが腰です。
体幹を捻る動作というのは股関節と下部胸椎の動きが中心ですが、ここの柔軟性が乏しい中スイング動作を繰り返すと、可動域の少ない仙腸関節に負担が掛かってきます(主に左側)。その結果が腰痛です。
ゴルフ初心者には慣れない動作ですので、腰痛を招きやすいです。

手首と肘は、インパクト時(打球の瞬間)に痛めやすく、これは繰り返しの打球練習や頻回なダフり(地面を打ってしまう)によることが多いです。
手首は、左側を痛めることが圧倒的に多く、親指の付け根を痛めてしまうこともあります。
肘では、上腕骨内側上顆という部位を痛めることが多く、これをゴルフ肘と呼びます。

正確で飛距離のあるショットを打つにはスイング時のフォームの微妙な違いが大きいです。しかし、打球練習やダフりの繰り返しは障害を誘発しがちなので注意が必要です。(上級者が痛めてしまう部位やその原因はまた異なります。)

江ノ島・藤沢・片瀬・鵠沼の腰痛専門整体 本間整骨院