ストレートネック

ストレートネックの人の症状は肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠症などがあります。
充血、痙攣(眼輪筋)、難聴、吐き気もストレートネックとの関係も考えられます。

ストレートネックになりやすい人は坐って作業をする人です。デスクワーク、勉強、ゲームなどがあります。重い頭を細い首で支えていますので負担がかかります。

病院に行き首の症状を訴えると首のレントゲンだけをとります。
頸椎(首)は少し前に弯曲しているのが正常です。この弯曲がなくなってしまうとストレートネックと言われます。

しかし、ストレートネックになってしまうのは、背骨全体の生理的弯曲が崩れてしまうからです。
本来、背骨はsの字の弯曲をしています。これが重力を分散しています。
首だけが悪いわけではありません。ですから牽引や電気では本当にはよくなりません。

木を見て森を見ずの悪い習性ですね。

江ノ島・藤沢・片瀬・鵠沼の腰痛専門整体 本間整骨院