ラグビー選手の怪我

五郎丸選手が日本に復帰してラグビーが盛り上がっているようですね。

ラグビーはコンタクトスポーツですから様々な怪我が起こります。
打撲、捻挫、挫傷、擦り傷は日常茶飯事です。よく、太ももの裏の肉離れが起こります。
骨折、脱臼、靭帯損傷も起こります。ぶつかり合いますので、肩の脱臼、鎖骨の骨折が多く起こります。頭を打って脳震盪を起こすこともあります。
また、選手同士がぶつかり合い首や腰、肩の怪我も多く起こります。

今日、来られているAさんは高校生からラグビーをされていたそうです。
社会人になり月に数回、練習に参加しています。高校の時から軽い腰痛はあったそうですが、整体などにかかったことは無かったそうです。
仕事が営業でデスクワークも多いそうです。
学生の頃に比べ運動量は減り、体が固く、重くなっていたところに強い腰痛が起きてしまいました。
始めは腰を伸ばす時に激痛、じっと座っている事も出来ませんでした。
背骨の動きが悪くなっております。ラグビーで鍛えた体(痛めた体)ですが、社会人になって歪み(痛み)という形で現れてしまいました。
施術はもう何度も来られていますので、強い痛みは消えていますので身体のメンテナンスにみえています。

江ノ島・藤沢・片瀬・鵠沼の腰痛専門整体 本間整骨院