正しい夏バテの対策を!

最近は昼と夜の温度差もはげしくなりました。
この季節は、体調管理が大変難しく、夏バテを引き起こしてしまうことも多く見受けられます。
そこで、残りわずかの今年の夏も快適に過ごすために、正しい夏バテの対策をしっかり学びましょう。

 

●夏バテはなぜ起こしてしまうのか

室内と屋外での温度差からくるもの

気温がひたすら高く、日光が直接あたるような屋外から、エアコンでキンキンに冷やされた室内に帰ってきた際に起こる急激な温度は、体力を消耗してしまい、夏バテの原因になります。
その他、冷房の効きすぎた部屋に長時間いることも、ストレスになり、自律神経の働きが弱ってしまいます。それにより倦怠感、食欲不振を引き起こし、夏バテになりやすくなります。

発汗の異常

高温多湿のこの時期は、発汗が困難になることがあります。それが原因で、発汗による体温調節が難しくなりますその逆で、長時屋外で日光が当たるところにいると発汗が過剰にな、体が水分不足になり夏バテ、熱中症の原因を引き起こします。

 

●正しい夏バテの対策

食材は冷たいもの以外にもしっかりと味噌汁、煮物などの体を温めてくれる料理もしっかりとりましょう。
そして、暑さで消費されがちなビタミンや、スタミナのつく食材をしっかり摂取するようにしましょう。
そし水分補給はしっかりととるようにしましょう!しかし、ビールなどは利尿作用があるため水分補給にはむいていません。そして、急に冷たいものを一気にのまず、最初はある程度ぬるめのほうがよいでしょう。

そして、冷房の温度はあまり下げず、高めに設定しましょう。会社などで自分での調節ができない場合厚手の衣類をもっていったりと、体温を調節しましょう。夜はおやすみモードやタイマーなど、ずっと冷やさないようにしましょう。

涼しい時間に軽くウォーキングなどの運動して汗をながし、夜はしっかり寝ることも大切です。

 

●夏バテにきく食材

ビタミンB1
ビタミンB1はブドウ糖はエネルギーに変える力をもちます。疲労を蓄積したくないかたにも必要な成分です。
・豚肉、ブリ、うなぎ、玄米、ほうれん草 ほか

アリシン
アリシンは、ビタミンB1を吸収しやすくして効果を持続してくれます。
・にんにく、ニラ、ねぎ ほか

クエン酸
疲労物質である乳酸を分解して、体外に排出する働きがあります。
・柑橘類、梅干し ほか

 

小さな心がけで夏バテは対策が可能です。
残り少ない夏も、あとすこしだから、涼しくなったからと油断せずに、上記を参考に、対策していきましょう。