腰痛の85%は原因不明とされてしまう現実

坐骨こんにちは、本間整骨院です。
 
早期発見なら癌すら治るという時代に、腰痛すら治らないという理不尽。現代では腰痛が治らず困っている人が非常に多いです。
 
実は日本整形外科学会と日本腰痛学会でまとめられた[腰痛ガイドライン2012」には、原因が特定できない腰痛が全体の85%を占めると発表されました。
 
整形外科からの公式発表です。原因がわからないのであれば、それは腰痛は治らないはずです。
 
だからといって、腰痛を放置しておいてはいけません。
 
例え軽い状態だったとしても、放置しておくことで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの重症の腰痛に繋がっていくことが多いからです。
 
しかし85%が原因の腰痛を、どのように改善していけば良いのでしょうか?
 

病院では原因として認めないのが「ゆがみ」

当院のような治療院としては、「腰痛を受け入れましょう」などという事は出来ません。困って頼ってくれているわけですから、希望を見せることが仕事なわけです。
 
じゃあ整形外科では原因がわからない腰痛をどうすれば良いのかというと・・・ そもそも考え方が違うんです。
 
私達は「身体のゆがみ」というものを問題だと認識します。
 
骨盤のズレ・背骨のズレ・頸椎のズレ・はたまた内臓の位置のズレなど。こうしたものが腰痛に繋がっていると考えます。
 
しかし病院では、こうしたゆがみを原因だとは思いません。
 
例えばレントゲンを撮影して、私たちからすればゆがんでいる骨の状態を、問題ないと診断して、とりあえず電気治療、とりあえず薬、とりあえずマッサージ・・・ と原因不明の状態で治療を進めていってしまいます。
 
だから何回受けても何か月も受けても、腰痛が改善しないケースが多いのですね。
 

病院で治らなくても、諦める必要はありません

ゆがみだから当院では、頼ってくる方に必ずお伝えすることがあります。
 
「病院で治らなくても、原因がわからなくても、痛みを受け入れる必要はありません。」と。
 
以上の様に病院の検査では85%が原因不明だったとしても、ゆがみの問題である可能性が高いからですね。
 
本間整骨院では、しっかりと根本からゆがみを整えて行きます。
 
施術はソフト。リラックスして身体を預けていただけるでしょう。
 
そうして1回1回身体が整った状態を覚えていけば・・・ 気が付いたらあなたは腰痛のことを忘れてしまっているはずです。
 
大きな病気・大きなケガには病院の検査は重要ですが、腰痛の多くの場合は「ゆがみ」の存在を疑った方が良い事をおぼえておいてください。
 
85%が原因不明だったとしても、不安に思うことはないんですよ。