季節の変わり目の身体の不調でお悩みの方へ

江の島・藤沢のみなさま、こんにちは!本間整骨院です。
 
夏から秋、秋から冬、冬から春、春から夏。日本には四季があり、それぞれの季節ごとに見せてくれる風景は違い、四季のある国の楽しさを教えてくれます。
 
しかしその一方で、こうした季節の変わり目に身体が不調になってしまう人、いらっしゃいませんか?例えば次のような不調です。
 

  • 肩こりがひどくなり、痛みが我慢できない
  • 頭痛が頻発するので、頭痛薬の減りが早い
  • 古傷が痛んでしまう
  • 疲労感がなくならず、仕事や家事に集中できない
  • 寝ても寝ても寝たりない
  • 朝、身体が重ダルく、ベッドから立ち上がれない
  • 眩暈や耳鳴りが起こり、生活の支障になっている
  • 激しい動悸に襲われて、立っていられなくなる etc

 
いかがでしょう、1つでも思い当たる節があれば、あなたは普段から自律神経が安定していないため、この季節の変わり目に自律神経が乱れてしまって、このような症状が出ている可能性があります。
 
もしあなたが、このような季節の変わり目の不調になることを解決したいと思っているのであれば、ぜひこの先をお読みいただきたいと思います。
 

季節の変わり目に、自律神経が乱れて、様々な不調に襲われてしまう理由

季節の変わり目は、自律神経が乱れてしまいやすい時です。なぜでしょうか?
 

①気温差に追いつけない

季節の変わり目の時期は、昼と夜の温度差が激しかったり、日ごとの気温差も大きいですよね。
 
自律神経はそうした気温の変化に対応する役割を持っているのですが、気温差が激しいと、能力の限界を超えてしまい、働きが乱れていってしまいます。
 
具体的には5℃以上の温度差。5℃以上だと自律神経は適切に働けなくなってしまいます。

 

②気圧の変化

また季節の変わり目には、低気圧が起こりやすですよね。これも自律神経に影響します。
 
自律神経は人の身体が気圧の変化に対応できるように働いていますが、気圧差が激しいと能力の限界をこえてしまい、正しく痔働けなくなってしまうのです。
 
自律神経が乱れると、交感神経、もしくは副交感神経のどちらか一方のみが強く働くようになります。
 
そうすると、身体が緊張しっぱなしになる →肩こりがひどくなったり、頭痛が頻発したり、眩暈耳鳴りが起こる
逆に体が休もう休もうとする →寝ても眠り足りなかったり、疲労感がなくならなかったりします

 

季節の変わり目に強い身体になるために

ではどうすれば、季節の変わり目に強い身体になることが出来るのでしょうか?それは整体で身体のゆがみを整えておくことです。
 
①首・背中・お腹に自律神経は集中する

自律神経は、首・背中・お腹に多く集中しています。それゆえ、頸椎・背骨・骨盤がゆがんでいると、この集中している自律神経に負荷がかかりやすくなってしまうのです。
 
ゆがみを整えておくことで、乱れにくい自律神経の状態にしておくことが出来ます。

 
②脳脊髄液の循環をよく出来る

脳を冷やしたり、栄養を与える役割をもつ体液、「脳脊髄液」というものがあります。
 
これは脳から背骨の中を通って仙骨で戻る循環をしているのですが、背骨・骨盤にゆがみがあると、この循環が悪くなります。
 
脳脊髄液の循環が悪くなると、脳に栄養が届きにくくなり、熱が溜まりオーバーヒート気味になります。
 
この状態だと神経に正しく命令を出せなくなり、自律神経が乱れていってしまいます。

 
なので常日頃から身体を整えている人は、自律神経も整っているので、季節の変わり目に負けない強い身体になっている場合が多いです。
 
もしあなたが季節の変わり目の身体の不調でお悩みなら、ぜひ当院の整体を受けてみてください。少し時間はかかりますが、体質が変わっていくことを実感できると思いますよ。
 
お気軽にご相談ください!その電話が、あなたの健康回復の第一歩となるでしょう。